多重債務の悩みを解決する方法

説明

クレジットカードのキャッシングや銀行のカードローンなどから借入し、
多重債務の状態にある人は少なくありません。

いつか返そうと考えながら日々仕事をしているのに、なかなか借金が減らないという人も多いです。
多重債務の悩みを解決するためには、任意整理や特定調停など債務整理による方法やおまとめローンがあります。

そこで、それぞれの解決方法や活用すべき手段について説明します。

なお、多重債務の無料相談サービスはページの最下部で紹介しています。

目次

借金の返済計画を立てる任意整理

返済計画

多重債務の解決方法として、まず第一に挙げられるのが任意整理です。

お金を借りた相手と話し合いを行って、借金の金額を見直し、具体的な返済計画を立てる方法になります。
任意整理には借金の請求や取り立てをストップできたり、借金を減額できるなどのメリットがあります。

また、保証人が付いているローンは対象外にできますし、任意整理の手続きを実施している間は債権者に対する返済も停止できます。

任意整理は5年以内の分割払いで借金が完済できる場合に有効な手段とされています。

債権者に対して強制力が無く、新たな借り入れができないというデメリットはありますが、
多重債務を解決するための前向きな方法であることに間違いはありません。

なお、任意整理を実施する時には、弁護士や司法書士などに相談するのが一般的です。

簡易裁判所を活用する特定調停

裁判所

特定調停とは、簡易裁判所を通して多重債務の問題を解決する方法です。

債権者と債務者の間に調停委員が介入することで話し合いを行うのですが、具体的な内容は任意整理と同じです。
返済計画を明確化することで取り立てがストップし、新たな借り入れはできなくなります。

また、特定調停は強制力があるので、万が一支払えなかった場合は給料が差し押さえになるケースがあります。

さらに、簡易裁判所へ複数回出向く必要があることや、過払い金が発生していても
特定調停の手続きでは請求できないなど、ルールもしっかり守らなければなりません。

なお、特定調停の手続きは専門家ではなく、自分自身で行うことも可能です。

借金を大幅に減らせる個人再生

大幅に減らす

個人再生には、借金の返済額を大幅に減らせるという大きなメリットがあります。

個人再生は裁判所を通して行う手続きであり、借金を元本まで減額することが可能です。
特定調停や任意整理の場合、借金の減額で可能なのは利息分のみです。

しかし、個人再生はもう一歩踏み込んで大幅に借金を減らすことが可能となっています。

もし、借金の金額が500万円だった場合、任意整理と個人再生では200万円以上も返済額に差が出るケースもあります。
ただし、個人再生を行うためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

まず第一に、原則として3年間で借金の一部を完済しなければなりません。

その他、住宅ローン以外の借金の総額が5,000万円以下であることや、継続的な収入が見込めるかどうかも条件となります。
さらに、個人再生には避けては通れないデメリットが複数あります。

まず、官報に掲載されることです。

官報とは日本の機関紙であり、見ていない人が多いかもしれませんが、第三者に知られてしまう可能性がゼロではありません。
また、個人再生は全ての借金が対象となるため、保証人付きのローンも該当します。

保証人に迷惑をかける可能性もあることから、事前に知らせておく必要があるでしょう。

また、個人再生は任意整理などと比べて手続きが複雑であり、様々な書類を準備しなければなりません。
借金額を大幅にカットできるというメリットがある反面、ハードルは比較的高いと言えます。

法的手段を必要としないおまとめローン

おまとめローン

多重債務の様々な解決方法の中でも、法的な手段を必要としないのがおまとめローンです。

特定調停や個人再生は裁判所を通して行う法的な手段ですが、おまとめローンは民間のサービスを利用するので、
裁判所を通さずに多重債務を解決へと導くことが可能です。

おまとめローンとは、現在支払っている高金利ローンを低金利なローンに借り換えて返済していく方法です。

利息部分を減らせるので、高金利なローンで苦しんでいる場合には有効な手段だと言えるでしょう。
また、おまとめローンには返済日がまとめられるなどのメリットもあります。

返済日を1日にまとめることで、精神的な負担も軽減することが可能です。

さらに、おまとめローンを利用しても信用情報機関には登録されないので、追加で借入することも可能となっています。
日本では貸金業法によって総量規制のルールが設けられており、年収の3分の1以上の借り入れが基本的にできません。

しかし、おまとめローンは総量規制の対象外とされているので、追加の借入に影響しないのです。

一方、返済総額が増える場合があったり、過払い金が取り戻せない可能性があるなどのデメリットもあります。

もし、おまとめローンを選ぶ場合は口コミ評価が高いプロミスがおすすめです。

全ての財産を処分する自己破産

自己破産

多重債務の解決において、最終手段とも言える方法が自己破産です。

これは破産を裁判所に申し立てることにより、全ての借金を免除してもらう方法です。
安定した収入が見込めない場合は有効な手段だと言えますが、全ての財産を処分しなければなりません。

その他にも、様々なデメリットが付きまといます。

自己破産のデメリットとしてまず挙げられるのが、信用情報機関に長期間に渡って登録されることです。
この期間は10年程度と言われており、お金は一切借りることができません。

また、保証人付きのローンがあった場合、保証人が自己破産しているわけではないので、
保証人が本人に代わって借金を返済することになります。

よって、保証人に多大な迷惑をかけることになるため、事前の相談が必要です。

その他、司法書士や保険外交員などの一部の職業に就けなくなることや、
滞納している税金は免除対象外となるなどのデメリットもあります。

最後のまとめ

多重債務を解決するためには、任意整理や個人再生、おまとめローンなど様々な方法があります。

しかし、いずれの方法も手続きが複雑で面倒な場合が多く、一般人が自力で進めていくことは困難です。
また、自分の状況に対して、どの解決手段が有効なのか判断できないという問題もあります。

なので、多重債務を解決するためには、イージス法律事務所の無料相談サービスを利用するのがベストです。

一人で悩まずに、まずは専門家に相談してみるのがいいでしょう。

イージス法律事務所

イージス法律事務所
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 全国対応かつ個人情報厳守なので、家族や会社にもバレない
  • 手続き費用は分割で後払い可能、今お金がなくても問題なし